メインイメージ画像

民間の金融機関は金利が高い

ご子息が新たに生活をはじめる時に、悩みの種になるのが、かかるお金だと考えられます。そんなあなたの後ろ盾をしてくれるのが教育ローンと予想します。本段落では、金利に注目し、教育ローンの選び方を考察してみましょう。
通常、最安金利と予想されるのは日本政策金融公庫で準備されている教育ローンでしょう。ただし、民間の教育ローンと対比すると融資条件が厳しく、借入可能金額も制約があります。
概して審査が通りやすく、金額も高いのは普通の金融機関になると言えます。

民間が準備する教育ローンは金利が高めなことが悩む点です。なのですが、入学前に実施しているキャンペーンを利用すると、普段よりもかなり低い金利で融資してもらうことが可能になります。

大部分の教育ローンには金融機関によってその限度額が決められています。
最初に、国の扱う教育ローンについてあげてみましょう。国の扱う教育ローンは収入に関係なく限度額はお子様一人につき350万円となっています。
次に、民間が取り扱う教育ローンの限度額を説明しましょう。

この限度額は対象機関により大きな幅が存在すると言えます。担保が条件ではない教育ローンでは500万円を限度額と定めているものが大多数です。担保が必要な教育ローンでは3000万円を限度額とする高額なものもあります。
金融機関によっては国の教育ローンを併用する際には、限度額が減額される場合も存在するのです。各店舗で教育ローンの限度額は、絶対に確認をしてみましょう。